DSK 大起産業株式会社

お問合せ リンク プライバシーポリシー
募集要項
採用担当者メッセージ
職場紹介
応募方法
エントリー
採用情報トップへ

職場紹介

Work scenery
”足元を見れば地中奥深く、空を見上げれば壮大な宇宙に”わたしたちの製品は幅広い分野で活躍しています。

大起産業で働くこと考えているあなた、心配ごとは何ですか?
会社の雰囲気ですか。仕事内容ですか。自分の知識や経験ですか。
大丈夫です!仕事は先輩方が懇切丁寧に指導します。
今働いているベテラン社員も中堅社員も、入社当時はみんな新人だったのです。

産業機械事業部職場紹介
営業部Mさん談

私は、主に航空機組立用治具等の営業をしています。機体そのものを製作しているわけではないので、工場で完成したものを見ても、最初はよく分りませんでした。
ですが、お客様のところで実際に使用されているところを見るとどのように使うのか、図面を見ても少しづつ理解する事が出来るようになりました。
また、自分の仕事が空を飛ぶ航空機の製作に関わっているのだという事が実感でき、自分の仕事に誇りを感じました。
簡単な仕事ではないですが、現場や技術の方と一緒に、お客様と打合せをしながらどのような治具を製作するか、決めていきますので、色々なことを覚えることができます。
仲間やお客様とのつながりを感じながら、日々の仕事に邁進しています。

技術課Tさん談

私の担当する業務は、主に航空機組立・修理用治工具の設計です。設計業務は上流工程ということもありプレッシャーがきついですが、自分の考えたものが手配・加工・組立・検査を経て製品として出荷され、お客様のところで問題なく使われているのを見ると、努力が報われたかなという気がします。
また、最先端の3D CADを使って、複曲面を持つような製品の設計や複雑な構造の強度解析をすることが出来るので、技術的には難しいですがやりがいを感じます。

製造課Kさん談

(入社1年)

私の担当する業務は、種子島宇宙センターで使用される射場設備部品の組立が主です。
この製品に携わっている作業は、一から作る物や修理・再整備するものがあります。一から作る物は最初は形になっていないのでどういう形になるのか図面を見ながらイメージしていく必要があります。どのようにすれば早く上手くできるかを考えるとき、行き詰まるところもありますが、そこは上司に相談し解決策を探しながら作業をしています。そうして完成し合格した時はとてもうれしく思います。又、自分の作った製品が実際に問題なく使われているのを見ると自分に自信が付きます。

航空機事業部職場紹介
工場全景

木曽岬工場は、三重県唯一の航空機組立工場です。昭和56年に三重県桑名郡木曽岬町に開設されました。木曽岬工場以外にも、三菱重工業様の各工場(大江、飛島、小牧南)に出張所を設け、航空機事業を展開しております。
この工場は、地元木曽岬小学校の社会見学コースになっており、毎年秋には子供たちが普段はほとんど目にすることのない航空機の組み立て現場を目を輝かせながら見学してくれています。

作業風景

航空機の組立は、いわゆるライン仕事ではありません。部品を一つひとつ丁寧に手作業で組み上げてゆく職人的な仕事です。あらかじめ加工された部品に、ドリルで穴を開け、リベットで止めてゆく作業が基本です。
また、工具は全てエアー式ですので、“油で作業服がベトベトになる”という心配はありません。清潔な職場が自慢です。

作業風景・教育

高度な技術力や、集中力、研ぎ澄まされた感性が必要な仕事ですが、しっかりとした研修制度があり、未経験の方でも安心して入社していただけます。やさしい“お父さん先生”が基本となる工具の使い方から高度な技術まで、懇切丁寧に指導いたします。大きなパネルから小さな部品まで、形や大きさはさまざまですが、造るのは人の命を預かる乗り物の一部です。たった一つのミスも許されないという緊張感もあり、責任の重い仕事ですが、その分、やりがいもある仕事だと言えます。

製品紹介

大起産業で携わることができる機体は、 “ボーイング737”、“ボーイング747”、“ボーイング767”、“ボーイング777”、そして、“ボンバルディアグローバルエクスプレス”、“ボンバルディアDASH8”などです。一部、防衛関係の機体もあります。
また、大江出張所で次世代航空機“ボーイング787”の組立てに参画しています。

前のページにもどるこのページのトップへ